テスト対策

アラキドン酸の正式な名前の由来について

まずこの成分の名前自体がもとは日本名ではなかったのですが、発見した学者によってある英名がつけられたのです。
アラキドン酸というのはこの英語名のArachidonic acidから由来しているため、日本ではこのアラキドン酸と言う呼び名で言われてます。
ですからアラキドン酸の正式名称はArachidonic acidと呼ばれていますが、日本では呼びにくいためアラキドン酸と名が付けられたのです。

このような名前というのは何かしらの由来にちなんで付けられたりしますが、アラキドン酸は不飽和脂肪酸などの酸類などのひとつと考えると良いでしょう。
ですからこのアラキドン酸をたくさん摂取することによって脳の老化防止や、身体の免疫力向上など様々な役に立つと言うことなのです。

またこのアラキドン酸は体内で合成できないので食べ物から摂取するような形の必須脂肪酸なのです。
またこのアラキドン酸は様々な食べ物に入っているのですが、中でも有名なのはレバーなどにはたくさん入っている不飽和脂肪酸なのです。
このようにアラキドン酸の由来は、英名から出来ているものですからこのような英名からの成分はまだ他にもあるようですね。
由来の説明の詳細は以上になります。