テスト対策

アラキドン酸の効果で身体反応を維持

人間の身体には身体反応というものがあるのですがこれが鈍かったりすることを、いわゆる運動神経が鈍いなどと言うように表現します。
運動神経というのは人それぞれに違うものですから、格差はあるのですが運動神経がいい人は脳の働きも優れている人が多いのです。
それから身体の反応というのは反射神経というものがありますので何かものが倒れてきたときに、サッと避けるなどはこの反射神経が働いているからです。

反対に反射神経が鋭い鈍いなどと言うのは身体機能に関係しますので、アラキドン酸を上手にとってる人は身体機能が優れていて反応がとても早いと言うわけです。
例えば、熱いものに触った時にサッと手を避けるなどすれば軽いやけどで済みますが、反応の鈍い人は、ちょっと経ってから手を離すので火傷してしまうのです。
そのためボクシングや格闘技などの反射神経を使うスポーツにはアラキドン酸は、不可欠と言われています。

このように体の反応を必要とされるスポーツや日常生活での動作など多くの場面でアラキドン酸は必要とされているのです。
アラキドン酸が哺乳類に必要不可欠とされているのには、日常生活や趣味などの多くの要因が関わっているのです。
これからもこのアラキドン酸を摂取して快適な毎日を送る事をお勧めします。